強制わいせつ

千葉で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、無料相談をご希望の方へ。このページでは、「強制わいせつの基礎知識」「冤罪事件への対応策」「示談のメリット、慰謝料の相場」など、強制わいせつ事件のよくある相談を読むことができます。

強制わいせつ罪の基礎知識まとめ

強制わいせつ罪とはどのような犯罪ですか?

強制わいせつ罪とは、暴行や脅迫を用いて無理やりわいせつな行為をする犯罪です。悪質な痴漢行為だと強制わいせつになるケースもあります。

強制わいせつ罪とは?

強制わいせつ罪とは、暴行や脅迫を用いて無理やりわいせつな行為をする犯罪です。悪質な痴漢行為や無理やりするキス、不意打ちでするわいせつな行為なども強制わいせつとされるケースがあります。

強制わいせつ未遂とは?

無理やりわいせつな行為をしようとして暴行や脅迫を加えても、わいせつな行為自体はまだしていない場合には未遂にとどまります。

準強制わいせつ罪とは?

女性を薬で昏睡・お酒で泥酔させたり、泥酔していることをいいことにわいせつな行為をしたりする場合には、準強制わいせつ罪として強制わいせつ罪と同様に扱われます。

強制わいせつ致死傷とは?

わいせつ行為の前後で被害者に怪我をさせたり死亡させたりしてしまうと、強制わいせつ致死傷罪となります。強制わいせつ致死傷罪になると刑が非常に重くなります。

強制わいせつ罪は親告罪

強制わいせつ罪(準強制わいせつを含む)は親告罪なので強姦罪と同様、告訴がなければ起訴されません。告訴されてしまっても、被害者と示談をして告訴を取り下げてもらうことで起訴されなくなります

なお、強制わいせつ致死傷罪になると親告罪ではなくなります。

強制わいせつ罪の時効は?

強制わいせつ罪(準強制わいせつを含む)の時効は7年で、強制わいせつ致死傷罪になると致傷の場合15年、致死の場合30年にまで延びます。時効が完成すると、それ以降起訴されることはなくなります。

(まとめ表)

行為

時効

親告罪

強制わいせつ

暴行・脅迫を用いて無理やりわいせつ行為をする

6月以上10年以下の懲役

7年

親告罪

準強制わいせつ

泥酔させ、泥酔をいいことにわいせつ行為をする等

6月以上10年以下の懲役

7年

親告罪

同致傷

わいせつ行為の前後で怪我をさせる

無期又は3年以上20年以下の懲役

15年

親告罪でない

同致死

わいせつ行為の前後で死亡させる

無期又は3年以上20年以下の懲役

30年

親告罪でない

強制わいせつの冤罪事件への対応策は?

強制わいせつ事件でも冤罪の可能性があるとニュースで見ました。本当でしょうか?冤罪事件で疑われたらどうすればよいですか?

強制わいせつ事件の冤罪で疑われることもあります。例えば、お互いの合意があったのに、行為の後になって女性が嘘をつく、お互いの関係がこじれて腹いせで被害届を出す場合などです。

強制わいせつ事件が冤罪になる場合とは?

お互いの合意があったのに、行為の後になって女性が嘘をつく、女性の気持ちが変わり被害を申告する、お互いの関係がこじれて腹いせで被害届を出す場合などが考えられます。

強制わいせつ罪の証拠は?

強制わいせつの冤罪事件の場合、女性の供述が主な証拠となっている場合が多いでしょう。

強制わいせつ事件不起訴にするためには?

強制わいせつの冤罪事件で不起訴にするためには、こちらが「無罪である」と一貫した主張をし続けることが重要です。警察などの取調べに屈してはいけません。

そのためには、強制わいせつ事件に強い弁護士と一緒に、自分の記憶を法的に整理して主張していく必要があるでしょう。

(まとめ表)

冤罪となる事例

・女性が嘘をつく

・女性の気持ちが変わる

・関係がこじれて腹いせに被害届を出す

冤罪事件の証拠

・女性の供述

冤罪事件の対応

・一貫して無実を主張し続ける

弁護士と一緒に法的に整理された主張をする

強制わいせつ事件で逮捕されたときの流れは?

強制わいせつ罪で逮捕されてしまった場合どうなるんですか?

強制わいせつ罪で逮捕された場合、最長3日間拘束された後、勾留という最長20日間の拘束が待っています。その後、検察官が起訴をするかどうかを決めます。起訴されると裁判が始まります。

強制わいせつ事件で逮捕されたときの流れは?

強制わいせつ事件で逮捕された場合には、3日間身柄を拘束されます。その後、検察官・裁判官が身柄拘束の必要がある判断した場合には勾留・勾留延長されそこから更に最長20日間身柄拘束されます。勾留されなければ釈放され、今までの生活に戻ることができます

最終的には、検察官が起訴するかどうかを判断します。起訴されると裁判になります。不起訴となればそこで事件は終わり、釈放され前科も付きません

強制わいせつ現行犯逮捕された場合は?

強制わいせつ罪で現行犯逮捕される場合の典型例は、悪質な痴漢行為でその場で被害者や目撃者に捕まり、そのまま警察官に連行されるケースです。悪質な痴漢行為とは、下着の中に手を入れ陰部を触るようなケースです。

現行犯逮捕された場合も、現行犯逮捕後は通常の逮捕をされた場合と同様に手続が進んでいきます。

強制わいせつ事件で早期に釈放されるためには?

早期に釈放されるためには、被害者と早期に示談することが重要です。強制わいせつ罪は親告罪ですから、示談をして告訴を取り下げてもらえると、起訴の可能性がなくなるため釈放されます。当事者同士で直接示談をすることは難しい場合が多いですから、弁護士に依頼すると スムーズに交渉できます。

(まとめ表)

逮捕後の流れ

逮捕(3日間)→勾留(10日間)→勾留延長(10日間)→起訴・不起訴

現行犯の場合の流れ

警察以外に逮捕されるが、逮捕後の手続は警察に逮捕された場合と同じ

早期釈放のためには

・被害者と示談をして告訴を取り下げてもらう

・弁護士に示談をしてもらうとスムーズ

強制わいせつ事件での示談のメリットは?慰謝料の相場は?

強制わいせつ罪で前科が付くのを避ける方法はないでしょうか?

絶望するのは早いです。強制わいせつ罪は親告罪なので被害者の告訴がなければ起訴されません。ですから、示談をして告訴を取り下げてもらうことができれば、不起訴となり前科が付きません。

強制わいせつ事件の示談の位置づけは?

強制わいせつ事件は親告罪です。親告罪とは告訴がなければ起訴できない犯罪です。そのため、強制わいせつ事件は示談をして被害者に告訴を取り下げてもらうことで不起訴となり、前科が付きません

起訴される前に、なるべく早い段階で弁護士に依頼して示談交渉を開始することが重要です。

強制わいせつ事件の示談金相場は?

強制わいせつ事件の示談金の相場は、50万円以上となることが多いです。しかし、示談は被害者との交渉事ですから必ずしも相場どおりにはなりませんし、強制わいせつの態様が悪質であれば示談金額も高額になる傾向があります。

強制わいせつ事件の慰謝料相場は?

民事事件の慰謝料も、示談金の相場と同じくらいの額になることが多いです。なお、刑事事件で示談をすると後で民事事件の裁判で争う必要がなくなりますから、民事事件の関係も含めて一挙に解決することができます

強制わいせつ事件で示談すると不起訴になる?

強制わいせつ事件は、告訴されてしまった場合でも告訴を取り下げてもらうと不起訴となります。告訴は、起訴されてしまった後は取り下げても意味がなくなりますから、起訴不起訴を決める前までに示談をして告訴を取り下げてもらうことが大切です。

強制わいせつ事件で示談すると執行猶予になる?

強制わいせつ事件の裁判で有罪になった場合でも、初犯で事実関係に争いがなく、示談をしていれば執行猶予になることが期待できます。そのため、裁判になってからでも示談をすることは重要です。

(まとめ表)

示談の位置づけ

不起訴執行猶予を獲得するために重要

示談金の相場

50万円以上(民事の慰謝料も同様)

*但し前後する可能性あり

起訴前の示談

不起訴になる

起訴後の示談

執行猶予が期待できる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよくわからない部分を無料で版越しに相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件LINE弁護団のご案内

アトムの「刑事事件LINE弁護団」を友だち登録するメリットをご案内します。面倒な会員登録なし、いつも使っているLINEで友だち登録するだけで、刑事専門弁護士に無料相談できる点が特長です。

刑事事件LINE弁護団のご案内 刑事事件LINE弁護団のご案内
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

電話で弁護士に相談する 0120-631-276 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談