盗撮

千葉で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、無料相談をご希望の方へ。このページでは、「盗撮事件の基礎知識」「盗撮事件で逮捕された場合の流れ」「示談のメリット、示談金・慰謝料の相場」など、盗撮事件のよくある相談を読むことができます。

盗撮事件の基礎知識

面白がって友達を隠し撮りしてしまったりするのは盗撮になるんですか?

盗撮とは、公共の場所や公共の乗り物で、人を著しく羞恥させたり不安を覚えさせたりして人の下着などを撮影する行為(卑わいな行為)です。友達を隠し撮りしただけでは盗撮にはなりません。

盗撮定義は?

盗撮とは、公共の場所や公共の乗り物において、人を著しく羞恥させたり不安を覚えさせたりする態様で、人の下着などを撮影する行為です。千葉県では「卑わいな行為」をしたとして処罰されます。

盗撮はどんなに問われるの?

公共の場所で盗撮をした場合には、千葉県迷惑防止条例(公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例)違反となります。プライベートな場所にカメラを設置して盗撮した場合であっても、刑法の住居侵入罪や建造物侵入罪、軽犯罪法違反に問われることがあります。

盗撮懲役罰金は?

迷惑防止条例が適用される場合の刑は6月以下の懲役又は50万円以下の罰金で、住居侵入罪や建造物侵入罪に問われるときは3年以下の懲役又は10万円以下の罰金になります。軽犯罪法違反の場合は拘留又は科料です。

盗撮に適用される法律は?(刑法 迷惑防止条例

公共の場所で盗撮をした場合には、千葉県迷惑防止条例違反となります。プライベートな場所にカメラを設置して盗撮した場合であっても、その場所に不法に侵入したとして、刑法130条の住居侵入罪や建造物侵入罪に問われることがあります。

(まとめ表)

迷惑防止条例

刑法(建造物侵入)

行為

公共の場所公共の乗り物で下着等を盗撮した場合

プライベートな場所にカメラを設置して盗撮した場合

刑罰

6月以下の懲役又は50万円以下の罰金

3年以下の懲役又は10万円以下の罰金

盗撮事件で逮捕された場合の流れは?

盗撮事件で逮捕されるとどうなってしまうのですか?

逮捕されると警察署に連行されて取調べを受け、そのまま身柄を拘束されます。逮捕の拘束期間は最長3日間です。その後、最長20日間身柄拘束が続く場合があります。

盗撮逮捕された場合の流れ

逮捕されると最長3日間身柄を拘束された後、引き続き最長20日間の身柄拘束手続きである勾留をされる可能性があります(合計23日間)。

しかし、弁護士が証拠隠滅しないこと・逃亡しないこと検察官や裁判官にアピールすることで勾留されずに釈放されるケースが多くあります。勾留されない場合には最長3日間の身柄拘束で済み今までの生活に戻ることができます。ただし、釈放されても事件が解決したわけではないので、その後も弁護士と連絡を取り合って不起訴を目指しましょう

盗撮現行犯逮捕された場合

盗撮は現行犯逮捕されるケースが多い事件です。現行犯逮捕されるとまず最長3日間身柄を拘束されます。逮捕後釈放されずに勾留をされると最長20日間身柄を拘束されます。逮捕から勾留が終わるまでの期間は最長23日間となります。そして、最終的には裁判にするかどうかの判断を待つことになります。

盗撮後日逮捕されるの?(期間 可能性

盗撮で後日逮捕される可能性は低いです。盗撮のような事案ですと、現行犯逮捕されなければ逮捕されずに捜査が続くことが多いです。心配な場合は、弁護士が同伴して逮捕の必要がないと警察等を説得することもできます。

盗撮警察に呼び出されたら

警察に呼び出されても出頭は義務ではありません。しかし、思いあたることがある場合は出頭して誠実に対応するのも一つの手段です。

盗撮逮捕されないためには

盗撮事件は後日逮捕される可能性は低く、現行犯逮捕が大勢を占めます。ですから、現行犯で逮捕されなければ逮捕はされない確率の方が高いでしょう。

盗撮事件で立件される基準は?

盗撮した写真・映像がある場合はもちろん、被害者本人や目撃者の供述があり、それが信用できる場合には立件される危険があります。

盗撮事件で家宅捜索されるの?

盗撮事件で家宅捜索される可能性があることは否定できません。しかし、初犯で正直に認めている場合であれば携帯電話などの証拠の任意提出だけで済むケースが多くあり、家宅捜索の可能性は低いです。

(まとめ表)

逮捕後の流れ

・逮捕(最長3日間)→勾留(最長10日間)→勾留延長(最長10日間)

・合計最長23日間

*但し、弁護士に依頼して早期釈放もありうる

後日逮捕の可能性

低い

家宅捜索の可能性

低い

立件の基準

写真がある場合、被害者本人や目撃者の供述が信用できる場合に立件

盗撮事件における示談のメリット、示談金・慰謝料の相場は?

前科はつけたくないものですね。盗撮事件で前科がつかないためには何をすればいいんですか?

被害者と示談をすることが何より大事です。示談をして被害者から宥恕(「許し」)を得られると前科がつかない可能性が大幅に上がります。示談は経験豊富な弁護士に依頼すれば迅速かつ円滑に進みます

盗撮事件での示談のメリットは?

盗撮事件で示談を締結すると刑事手続を有利に進められることが多くあります。

具体的なメリットは、早期釈放される可能性が高くなる不起訴になる可能性が高くなり裁判を回避できる可能性が高くなることで前科がつかない可能性が高くなるなどです。また、仮に裁判になっても示談をしていれば執行猶予を十分に狙うことができます。被害者と円満に事件を解決することができるので示談をすれば気持ち的にも安心できます

盗撮事件の示談金はどのように決まるの?(相場

盗撮事件での示談金の相場は、30万円前後となることが多いです。しかし、交渉事なので相手との交渉によってより低額となる場合やより高額となる場合もあります。

盗撮事件の慰謝料は?(慰謝料請求 判例 相場

裁判などで盗撮事件の慰謝料請求をしたときの相場は、示談金と同様の額になることが多いでしょう。裁判をすると裁判費用や弁護士費用などがかかりますから、裁判をする前に示談で解決を希望される方が多いです。

盗撮事件で不起訴になるには?

盗撮事件では、被害者と示談をして「許してもらう」ことが何より大切です。被害者と示談をして許してもらえると事件が当事者間で解決したことになりますから、不起訴獲得に大きく近づきます

(まとめ表)

示談のメリット

早期釈放される可能性が高まる

不起訴になる可能性が高まる

前科がつかない可能性が高まる

裁判にならない可能性が高まる

執行猶予となる可能性が高まる

被害者と円満に解決できる

示談金の相場

30万円前後が多い(民事事件の慰謝料も同様)

不起訴のためには

示談をすることが大切

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよくわからない部分を無料で版越しに相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件LINE弁護団のご案内

アトムの「刑事事件LINE弁護団」を友だち登録するメリットをご案内します。面倒な会員登録なし、いつも使っているLINEで友だち登録するだけで、刑事専門弁護士に無料相談できる点が特長です。

刑事事件LINE弁護団のご案内 刑事事件LINE弁護団のご案内
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

電話で弁護士に相談する 0120-631-276 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談