大麻

千葉で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、無料相談をご希望の方へ。このページでは、「大麻事件の基礎知識」「逮捕・摘発された場合」「大麻の吸引は犯罪になるのか?」「解決のポイント」など、大麻事件のよくある相談を読むことができます。

大麻事件とは?大麻事件の基礎知識

大麻事件ってどんなことをすると捕まるんですか?

大麻事件とは、大麻を栽培、輸出入、所持、譲渡、譲受等した事件です。なお、法律では「個人の使用」は禁止されていません。

大麻取締法

大麻事件には大麻取締法が適用されます。

大麻取締法は、大麻の栽培、輸出入、所持、譲渡、譲受等を禁止しています。

大麻事件の犯罪の種類(所持 密輸 栽培 売買

大麻取締法は、大麻の栽培、輸出入、所持、譲渡、譲受等を禁止しています。使用は禁止されていません。

大麻麻薬の違い

大麻事件には大麻取締法が適用されます。大麻の具体例としては、マリファナやハシシが挙げられます。

麻薬には麻薬及び向精神薬取締法が適用されます。麻薬の具体例としては、ヘロイン、コカイン、LSD、MDMAが挙げられます。

大麻事件の時効

大麻事件の時効は、行為態様により異なります。

大麻の栽培・輸出入の時効は5年です。転売して利益を得る目的がある場合には7年になります。

大麻の所持・譲渡・譲受の時効は、5年です。

大麻事件の罰則

大麻事件の罰則は、行為態様により異なります。

大麻の栽培・輸出入の罰則は、7年以下の懲役です。転売して利益を得る目的がある場合には10年以下の懲役です。情状により300万円以下の罰金も付きます。

大麻の所持・譲渡・譲受の罰則は、5年以下の懲役です。転売して利益を得る目的がある場合には7年以下の懲役です。情状により200万円以下の罰金も付きます。

(まとめ表)

大麻取締法

大麻の栽培、輸出入、所持、譲渡、譲受を禁止する法律

種類・罰則

大麻の栽培、輸出入、所持、譲渡、譲受(使用は禁止されていない)

大麻と麻薬の違い

大麻

大麻取締法

Ex. マリファナ、ハシシ

麻薬

麻薬及び向精神薬取締法

Ex. ヘロイン、コカイン、LSD、MDMA

時効

・大麻の栽培・輸出入

5年

・大麻の栽培・輸出入(営利)

7年

・大麻の所持・譲渡・譲受

5年

・大麻の所持・譲渡・譲受(営利)

7年

大麻事件で逮捕・摘発された場合は?

大麻事件で逮捕・摘発されてしまった場合はどうなりますか?

大麻事件で摘発された場合、逮捕される可能性が高いです。逮捕された後は、逮捕を含めて最長23日間身柄を拘束される可能性が高いです。

大麻事件の逮捕の流れ

大麻事件で逮捕された場合には、3日間身柄を拘束されます。その後、検察官がさらに身柄拘束の必要がある判断した場合には勾留請求をします。裁判官による勾留決定が出されると、勾留請求の日から10日間身柄を拘束されます。そして、検察官が更に身柄拘束の必要があると判断した場合には、勾留延長を請求することになります。これも認められると、更に10日間身柄を拘束されます。

もっとも、弁護士に依頼して適切な対応をすることで、拘束期間が10日以上短縮されるケースもあります。

大麻事件で現行犯逮捕されたとき

 職務質問を受け、大麻を所持していたことが発覚してしまった場合には現行犯逮捕される可能性が高いです。現行犯逮捕された後は、警察署で事情を聴かれそのまま身柄拘束されてしまいます。その後の流れは、先にご紹介した逮捕の流れと同じです。

大麻摘発されたとき

大麻を栽培、輸出入、所持、譲渡、譲受するなどして警察に摘発された場合には逮捕されてしまう可能性が高いと考えられます。

大麻事件の検査は?(尿検査 血液検査

大麻の使用は刑罰の対象でないため、大麻事件の捜査で尿検査や血液検査をすることはあまりないです。

仮に尿検査や血液検査をして陽性反応が出たとしても、そのことを理由に使用の罪で捕まるおそれはありませんし、所持が裏付けられることは考えにくいでしょう。

大麻事件で通報されたとき

大麻事件では、両親や恋人、マンションの隣人等が通報するケースもあります。通報を受けた警察が駆け付けた場合には、事情聴取等の捜査がなされ、大麻の栽培や所持が判明すると、逮捕されることも考えられます。

大麻事件で警察に呼び出されたとき

警察から呼び出された場合、警察に出頭するかどうかは任意ですので、ご自身の判断に任せられるところです。しかし、大麻事件を起こしてしまった場合には、いずれ逮捕されるケースが多いです。

(まとめ表)

逮捕の流れ

逮捕(3日間)→勾留(10日間)→勾留延長(10日間)→起訴・不起訴

大麻事件の検査

使用は禁止されていないので尿検査や血液検査をすることはあまりない

通報されたとき

客観的な証拠があればすぐ逮捕されてしまう

警察に呼び出されたとき

警察に出頭するかどうかは任意

大麻の使用・吸引は犯罪になるの?

大麻を使用・吸引した場合には犯罪になりますか?

大麻取締法には個人の使用・吸引を禁止する規定はありません。ですので、大麻を使用・吸引しても犯罪にはなりません。しかし、使用以外の所持などで立件される危険はあります。

大麻使用吸引になる?

大麻取締法には個人の使用・吸引を禁止する規定はないので、個人で大麻を使用・吸引しても犯罪にはなりません

しかし、使用が犯罪にならなくても、ほかに所持・譲受をしていたなどの事情があれば立件される可能性はあります。

大麻副流煙で吸った場合は?

大麻取締法は、個人が大麻を吸引することを禁止していません。なので、直接吸引しても副流煙で吸っても処罰されません。

(まとめ表)

大麻の使用・吸引

犯罪にならない

ただし、他の事情で立件される危険はある

副流煙

犯罪にならない

弁護士相談のメリットは?大麻事件の解決に向けたポイント

大麻事件で弁護士に相談するメリットは何ですか?処分はどうなりますか?

弁護士が今後の見通しについて説明するので将来の不安が解消されます。

また、刑を軽くできる可能性がありますし、治療病院の紹介など今後の生活のための環境整備をしてくれます。

大麻事件を弁護士相談するメリット

大麻事件を起こしてしまった方は今後の処遇がどうなるか不安で悩んでいることが多いです。

そこで、弁護士が綿密にコミュニケーションを図り、今後の処遇がどうなるのかを説明することで、将来に対する不安が解消されます。

また、治療病院の紹介など大麻と縁を切るための環境整備をすることも考えられます。さらに、反省や再犯防止の意思を形にするなど、刑を軽くするための活動をする余地もあるでしょう。

大麻事件で懲役を回避

弁護士と協力して、自分に有利な事情を裁判で示していけば、初犯の場合執行猶予が付き懲役を回避できるケースも多いでしょう。

大麻事件で不起訴になるか?=大麻事件で前科を阻止するには

大麻事件は、起訴され、前科になることが多い類型です。もっとも、大麻事件でも所持していた量が微量である場合や、証拠がない場合には、不起訴になり前科を阻止できるケースがあります

大麻事件で罰金になる?

大麻事件でも罰金刑はありえます。

しかし、大麻事件で罰金が付くのは、懲役刑と罰金刑がセットで科される場合です。

(まとめ表)

弁護士に相談・依頼するメリット

今後の処遇がどうなるのかを聞ける

・大麻と縁を切るための環境整備をしてくれる

刑を軽くするための活動をしてくれる

見通し

初犯であれば執行猶予が付く

罰金刑となる場合

罰金と懲役が一緒に科せられてしまう

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよくわからない部分を無料で版越しに相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件LINE弁護団のご案内

アトムの「刑事事件LINE弁護団」を友だち登録するメリットをご案内します。面倒な会員登録なし、いつも使っているLINEで友だち登録するだけで、刑事専門弁護士に無料相談できる点が特長です。

刑事事件LINE弁護団のご案内 刑事事件LINE弁護団のご案内
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

電話で弁護士に相談する 0120-631-276 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談