示談

千葉で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、無料相談をご希望の方へ。このページでは、「示談の基礎知識」「交通事故の示談」「示談を弁護士に依頼するメリット」「刑事事件で示談するメリット」など、示談のよくある相談を読むことができます。

示談とは?示談の基礎知識

示談とは何ですか?示談をすれば今後の手続きは有利に進みますか?

示談とは、当事者同士が合意によって事件を解決することです。
示談の手続きは、弁護士が当事者に代わって被害者と連絡を取り合って交渉をします。

示談とは

示談とは、裁判手続きによらずに、当事者同士が合意によって事件を解決することです。

示談流れ

示談の手続きは、弁護士が当事者に代わって被害者と連絡を取り合って交渉をします。弁護士が第三者的な立場として被害者と会って交渉すれば、被害者の感情を逆なでしないで穏便に解決できることが多いです。

示談の条件とは

示談の条件は、被害者から許してもらうこと、被害回復をしたことがわかること、清算条項を入れることが一般的です。もっとも、心構えとしては被害者への謝罪の気持ちから示談を行うことが大切です。

示談書の書き方

示談書には、被害者に対する謝罪、示談金の額、刑事処罰を望まないこと、事件を蒸し返さないことなどの条項を盛り込んで作成します。

示談書の形式にも気を付けましょう。事件の特定、示談書の作成日付、両当事者の署名押印などが重要です。

示談金相場

示談金は当事者間の合意によって決まりますので、はっきりとした示談金の相場というものがあるわけではありません。ただ、事件の種類ごとにある程度の範囲に収まることが多いです。たとえば、痴漢や盗撮事件の場合は30万円程度、強制わいせつや強姦事件の場合は50万円~で合意に至ることが経験上多いです。

示談交渉の方法

示談交渉のチャンスは何度かありますが、示談を持ちかけるタイミングや示談を締結するタイミングは重要です。もちろん、示談の内容も重要になってきます。示談交渉の経験が豊富な弁護士に依頼することで適切なタイミング適切な内容示談を締結することができます。

示談に必要な書類

示談締結の際には、示談書が不可欠です。示談したことを書面のかたちにまとめて保管しておくことで将来の紛争を回避することができます。示談の際には示談書を2通作成し、お互いに1通ずつ保管するとよいでしょう。

また、事件の種類によっては、被害届取下書や嘆願書も必要となってきます。

これらの書類は示談交渉を担当した弁護士が用意します

(まとめ表)

示談とは

裁判手続きによらずに、当事者同士が合意によって事件を解決すること

示談の交渉

弁護士が当事者に代わって交渉

示談相場

・痴漢、盗撮の場合

30万円程度

・強制わいせつ、強姦の場合

50万円~

示談のメリット

早期釈放される可能性が高まる

不起訴になる可能性が高まる

前科がつかない可能性が高まる

裁判にならない可能性が高まる

執行猶予になる可能性が高まる

被害者と円満に解決できる

交通事故の示談のポイントは?

交通事故の示談のポイントを教えてください!

交通事故を起こしてしまった場合、複数の責任(民事責任、刑事責任、行政上の責任)を負うことがあります。特に刑事事件では刑事処分が下る前に示談をすることが大切です。

交通事故での示談ポイント(民事・刑事)

刑事事件では、保険会社の補償や示談が刑事裁判に間に合わないことがあるので、検察官の判断の前に嘆願書示談書を得て被害者に許してもらうことが必要です。保険会社の交渉よりも早く示談を締結するには弁護士が交渉するのが1番です。弁護士が示談交渉をすると、反省の意思を表すことができて宥恕(被害者からの「許し」)がとれたり、迅速に事件の解決できたりします。

民事事件の示談は基本的に保険会社が行ってくれますが、弁護士に依頼すれば被害者とのトラブルなくスムーズに事件を解決できます。

交通事故示談電話で済ませられる?

保険会社や相手の弁護士とは電話でのやりとりができます。

しかし、刑事事件で被害者と示談をする場合などには、実際に被害者と直接会って示談交渉をするほうが謝罪の気持ちが伝わってスムーズです。もっとも、被害者と直接会いづらい場合には、弁護士が代わりに被害者と会って示談交渉をします。

100対0交通事故示談

確かに交通事故はお互いに不注意なところがあって事故になることが多いです。その場合には被害者も早い段階で許してくれることが多くあります。

しかし、100対0で自分が完全に悪いという場合でも示談を諦めてはいけません。示談を締結したケースはたくさんあります。

交通事故示談行政書士でもできる?

行政書士に示談書の作成を依頼することはできますが、弁護士のように代理人となってくれるわけではありません。示談の締結は経験豊富な弁護士に依頼することをお勧めします。

(まとめ表)

示談のポイント

刑事

・迅速な示談の締結(起訴・不起訴が決まる前に

被害者に許してもらう(「刑事処罰を望まない」)

民事

・保険会社が行ってくれる

・弁護士が保険会社と交渉

示談交渉

弁護士が本人に代わり被害者と交渉すると迅速・円満解決

示談交渉を弁護士に依頼するメリットは?

示談交渉を弁護士に依頼するメリットって何ですか?自分だけでもできるものですか?

弁護士に依頼するメリットは、迅速・円滑に事件を解決することができることにあります。加害者本人が示談を持ち掛けると被害者の感情を逆なでして関係悪化の危険があります。

示談交渉を弁護士に依頼するメリット

弁護士が示談交渉を行うことで合意に至る可能性が高くなります。示談交渉にはタイムリミットもあります。また、示談書の文言に不正確な部分があると後々に紛争を残すことになりかねません。

そこで、専門的知識のある弁護士が適切なタイミングと内容と文言で示談書を作成し示談を締結します。

示談弁護士が必要な場面

性犯罪の事件などでは加害者に会いたくないという被害者や被害者家族が多く、警察・検察から被害者の連絡先を教えてもらえないことがあります。そのため、自分で示談を締結することは難しくなります。そのような場面で加害者と被害者の架け橋として弁護士の存在が必要になります。弁護士であれば、弁護士限りとの条件で被害者の連絡先を教えてもらうことも可能です。

示談弁護士費用相場

示談のみの弁護士費用の相場としては、着手金と成功報酬合わせて30万円~50万円前後が一般的です。

示談以外にも刑事事件の活動を依頼すると通常は別に着手金と報酬金がかかります。

弁護士なしで自分で示談するには

自分で示談をする場合、被害者が「犯人には会いたくない」「連絡先も知られたくない」と拒絶するケースが多いので、そもそも示談交渉が行えない場合もあります。

迅速・円滑に示談交渉をしたいのであれば、示談の経験が豊富な弁護士に依頼するとよいでしょう。

(まとめ表)

弁護士に依頼するメリット

適切なタイミングと内容と文言で示談を締結できる

弁護士が必要な場面

被害者がいる事件。特に性犯罪

弁護士費用

30万円~50万円前後(示談のみ

自分でする場合

示談交渉が難航するおそれ

刑事事件で示談するメリットは?

刑事事件で示談をするメリットって何ですか?示談は絶対必要なんですか?

刑事事件で示談を締結すれば、有利な事情として考慮されることが多いです。本当に犯罪をしてしまった場合には謝罪をし、被害弁償をし、被害者に許してもらいましょう

刑事事件示談

刑事事件の示談は、加害者が損害賠償として示談金を渡し、被害者が「加害者を許す」ことで事件は今回限りで解決させようという合意です。示談をすれば、今後の捜査・裁判の結果に良い影響を与えます

示談の要請と恐喝との境目

示談の際に脅し文句を言って示談を迫った場合には脅迫罪が成立する可能性がありますし、脅し文句を言い、あまりにも低額な示談金で示談を締結させた場合には強要罪に該当する場合もあります。

示談交渉では、丁寧かつ誠実に、冷静な対応をとることを心がけましょう。

示談慰謝料の相場

示談の慰謝料の相場は、犯罪ごとに様々です。また、相場があったとしても相手との交渉により相場とは離れた金額で示談することもあります。

詳しくは各犯罪のページをご覧ください。

示談不起訴の関係

検察官が起訴するかどうかを判断する前示談をすれば、不起訴になる可能性が上がります。示談をした際には、弁護士が検察官に示談をしたことを報告して起訴の必要がないことを説得します、その結果、不起訴処分となれば前科はつきません

したがって、示談は不起訴・前科をつけないための重要な活動です。

示談前科の関係

同種の前科がある場合、示談をしたとしても、不起訴にならず起訴されることがあります。しかし、示談をした事実は、その後の刑事裁判でも有利な事情として判断され、量刑にプラスの影響を与えます。

したがって、前科がある場合でも、可能なのであれば示談をした方が良いです。

示談謝罪文は必要か?

示談をする際に前提となるのは、被害者に対する謝罪の気持ちです。謝罪の気持ちがなければ、被害者が事件のことを許してくれることもありません。こちらの謝罪の気持ちを伝えるためにも謝罪文を書いて被害者に渡すことは大切なことです。

示談被害届の関係

示談をすれば被害届取り下げてくれることがあります。そうすれば、警察や検察も当事者間で事件が解決したと判断して不起訴にしてくれる可能性もあります。示談は被害届の取り下げ、ひいては不起訴にもつながる大切なものです。

(まとめ表)

刑事事件の示談

刑事手続きで有利な事情
として考慮される

示談と脅し

脅しをして示談の締結を迫ると脅迫や強要に該当しうる。

示談交渉は、丁寧かつ誠実に、冷静な対応
をとることを心がける。

示談金の相場

犯罪ごとに様々

謝罪文

書くべき

被害届

示談をすれば被害届を取り下げてくれることもある

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよくわからない部分を無料で版越しに相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件LINE弁護団のご案内

アトムの「刑事事件LINE弁護団」を友だち登録するメリットをご案内します。面倒な会員登録なし、いつも使っているLINEで友だち登録するだけで、刑事専門弁護士に無料相談できる点が特長です。

刑事事件LINE弁護団のご案内 刑事事件LINE弁護団のご案内
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

電話で弁護士に相談する 0120-631-276 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談