痴漢

千葉で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、無料相談をご希望の方へ。このページでは、「痴漢事件の基礎知識」「痴漢冤罪の対策」「痴漢事件と逮捕の関係」「痴漢事件の示談金・慰謝料相場」など、痴漢事件のよくある相談を読むことができます。

痴漢事件とは?痴漢事件の基礎知識

満員電車で女性の身体に触れたらアウトですか?痴漢事件について教えてください!

痴漢とは、電車内やバス内などの公共の場所や乗り物で、人を著しく羞恥させたり、不安を覚えさせる方法で卑わいな言動をしたりする行為をいいます。相手の胸や下半身などを触る行為をすると痴漢に該当してしまいます。

痴漢事件とは?

痴漢事件とは、電車内やバス内などの公共の場所や乗り物で、人を著しく羞恥させたり、不安を覚えさせる方法で卑わいな言動をしたりする行為に関する事件です。簡単に言いますと、公共の場所でわざと人の体に触れると痴漢にあたると考えても良いでしょう。

なお、千葉県の条例では「著しくしゅう恥させる」行為として痴漢行為が犯罪とされます。

痴漢事件に適用される法律は?

適用される法令は行為の態様によって異なります。基本的には、衣服の上から痴漢をすると千葉県迷惑行為防止条例が適用されます。下着の中に手を入れて直接触ると刑法(強制わいせつ罪)が適用されます。

刑罰は、迷惑行為防止条例が適用されると6月以下の懲役又は50万円以下の罰金となりますが、刑法(強制わいせつ罪)が適用されてしまうと、6月以上10年以下の懲役と格段に重くなります。

痴漢事件と刑法の関係は?

服の上からわざと体に触れる程度だと迷惑防止条例違反が適用されます。これに対し、下着の中に手を入れて直接触わったり抱きついたりすると刑法(強制わいせつ罪)が適用されることがあります。

迷惑防止条例痴漢事件の関係は?

衣服の上から痴漢をすると千葉県迷惑行為防止条例が適用されることになります。

痴漢事件を弁護士に依頼するメリットは?

痴漢事件を起こしてしまうと、今後の処分がどうなるかとても不安だと思います。そのような状況で不利益を除去・低減することが弁護士の役目です。

そこで、弁護士に依頼すると、まず今後の見通しを知ることができます。また、本人に代わり被害者に謝罪の気持ちを伝えて示談をしたり、逮捕されている場合には一日でも早く釈放してもらうよう警察や検察に働きかけたり、 不起訴になるように説得したりすることができます。仮に裁判になっても、刑が軽くなるよう説得することもできます。

痴漢事件を相談するメリットは?

警察に取調べを受けることは初めてだという方が多いと思われます。警察の取り調べに対するアドバイス今後の流れなどの説明を受けた方が安心できます。一度、弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

(まとめ表)

痴漢事件とは

公共の場所や公共の乗り物で、著しく羞恥させたり、不安を覚えさせる態様で卑わいな行為をしたりする事件

適用法令

・千葉県迷惑行為防止条例

または

・刑法176条(強制わいせつ罪)

適用法令の違い

・衣服の上から触る行為

迷惑防止条例(6月以下の懲役又は50万円以下の罰金)

・下着の中に手を入れて直接触ったり抱きついたりする行為

強制わいせつ罪(6月以上10年以下の懲役)

弁護士を依頼するメリット

早期釈放のための活動をしてくれる

被害者と示談をしてくれる

被害者と円満に解決できる

不起訴前科がつかないための活動をしてくれる

刑を軽くするための活動をしてくれる

痴漢冤罪への事前・事後の対策は!?

やってないのに、「痴漢しただろう」と疑われたらどうすればいいでしょうか?冤罪に遭ったらどうすればいいんですか?対策を教えてください!

痴漢冤罪に遭ってしまったら大変です。まずは、痴漢だと疑われないことが第一です。痴漢だと疑われても落ち着いて冷静に行動してください。

痴漢冤罪とは?

痴漢冤罪事件とは、痴漢をしていない人が痴漢の犯人と間違われてしまう事件です。間違われた結果、警察の取調べを受けたり刑事罰を受けたりすることもあります。

痴漢冤罪への対策は?(対策 対処法 防止

痴漢冤罪の被害に遭わないためには、何より痴漢の犯人と間違われないようにすることが肝心です。

たとえば、自衛の策として、電車やバス内では、両手をつり革や手すりに捕まる女性のそばに立たない女性が多く並んでいるところを避けて乗るなどの予防策を講じましょう。

痴漢に間違われたら

仮に痴漢の犯人と間違われてしまった場合には、「人違いです」などと無関係であるということを伝えてその場から立ち去る、名刺を渡して立ち去るなど現行犯逮捕されないよう冷静に対応しましょう。駅員室に行くと警察に連行される危険があるので注意してください。

痴漢事件で裁判になった場合は?

痴漢冤罪事件で裁判になった場合には、一貫して無実であることを裁判官に伝えましょう。

痴漢冤罪事件を弁護士に依頼する方法・メリットは?

自分ではなかなか法律的に整理できないことが多いと思います。そんなときに弁護士が依頼者に代わって「犯人ではない!痴漢冤罪です!」ということを法律家の観点から主張してくれます。

刑事弁護の経験豊富な弁護士が弁護活動を展開することで、不起訴や無罪を勝ち取れることもあります。

(まとめ表)

痴漢冤罪とは

痴漢をしていない人が痴漢の犯人と間違われてしまう事件

痴漢に間違われないようにするには

両手でつり革や手すりに掴まる

女性の近くに立たない

女性が多い車両に乗らない

痴漢に間違われてしまったら

・「人違いです」や「無関係です」と伝えてその場から立ち去る

・帰してくれないようなら名刺を渡して立ち去る

弁護士に依頼するメリット

自分の主張を整理して法律家の観点から代弁してくれる

自分の主張が通る可能性が高くなる

痴漢事件と逮捕の関係は?

痴漢をしてしまったら逮捕されてしまいますか?

痴漢事件では、現行犯という形で逮捕されることがあります。たとえば、犯行の最中に手を掴まれたり、目撃者に指摘されたりして、駅員室に連れていかれ警察署まで連行されて逮捕に至ることがあります。

痴漢で逮捕された場合は?

逮捕されると最長3日間拘束された後、勾留され最長20日間拘束される可能性があります。

しかし、痴漢事件では、弁護士に依頼して証拠隠滅しないこと・逃亡しないことを検察官や裁判官に説得すれば勾留されずに済むケースが多くあります。

勾留されない場合には、最大3日間の身柄拘束で済み、今までの生活に戻ることができます

路上痴漢逮捕された場合は?

路上痴漢の場合、被害者や目撃者に捕まったり通報されたりして、近くの交番や警察署に連れていかれてそのまま逮捕されるケースがあります。逮捕された後の流れは、普通の痴漢事件とそう変わりません。

痴漢現行犯逮捕されたら?

痴漢で逮捕される多くのケースは、その場で現行犯逮捕される場合です。目撃者や被害者にその場で捕えられ、駅事務室に連れていかれます。その後、警察が来て警察署に連行されてしまいます。警察署では取調べを受けることになります。

逮捕されてしまうと、家族と連絡を取ることができなくなります。弁護士に依頼して、取調べに対するアドバイスをもらったり、弁護士を通して家族と連絡を取ったりすることも必要です。

痴漢後日逮捕されるの?

状況によっては後日逮捕される可能性は皆無ではありませんが、可能性は低いでしょう。警察が動くとしても、逮捕ではなく任意で呼び出されることが多いでしょう。

しかし、逮捕されなくても刑事処分が下されたわけではありません。不安な場合は弁護士に相談して下さい。

痴漢警察に呼び出されたら?

警察の呼び出しは任意で行われるものなので、日程が合わなかったり行きたくなかったりしたら拒むことができます。しかし、問題がなければ、素直に応じて出頭してもよいでしょう。出頭すると取調べを受けることになるので 自分の主張をしっかり述べ、警察の誘導に乗らないようにしましょう。

可能であれば、取調べ前に弁護士と今後の対応について相談するのが良いでしょう。

(まとめ表)

逮捕された場合の拘束期間

逮捕

3日間

勾留

10日間

勾留延長

10日間

起訴までの最長期間

23日間

逮捕される通常のケース

<現行犯逮捕>

痴漢→被害者・目撃者に捕まる→駅員室連行→警察署連行

後日逮捕の可能性

皆無ではないが、可能性は低い

警察から呼び出しがあった場合

・あくまでも任意

・素直に出頭する場合には自分の主張をしっかり言う

痴漢事件で示談することのメリット、示談金・慰謝料の相場は!?

痴漢事件で示談をするとどのようなメリットがありますか?

痴漢事件で示談が成立すると、早期に釈放される、不起訴になる、前科がつかない、被害者と円満に解決できるなどの可能性が上がるメリットがあります。

痴漢事件で示談するメリットは?

痴漢事件で示談を締結すれば刑事手続きが有利に進むケースが多いです。

具体的には、早期釈放される可能性が高くなる、不起訴になる可能性が高くなる、前科がつかない可能性が高くなる、裁判にならない可能性が高くなるなどのメリットがあります。また、裁判になっても示談をしていれば執行猶予を狙うことができます。

被害者と円満に事件を解決することができるので示談をすれば精神的にも落ち着きます。

痴漢事件と被害届の関係

痴漢事件の場合、被害者が被害届を警察に提出していることがほとんどです。もし痴漢事件で被害届が提出されている場合には、示談をする際にその内容として被害届を取り下げてもらうことを明記しておけば被害者が被害届を取り下げてくれます。被害届を取り下げてもらえると、不起訴になる可能性がさらに高くなります。

痴漢事件の示談金の相場は?

痴漢事件の示談金は、30万円前後で交渉がまとまるケースが多いです。もっとも、示談金は相手との交渉によって決まりますので、事件や相手方によっては示談金が高額になるケースもあります。

痴漢事件の慰謝料の相場は?

痴漢事件の慰謝料も、30万円前後で交渉がまとまるケースが多いです。だいたい民事裁判で認められる額が1つの基準となります。

なお、通常は示談金に慰謝料を含めて示談を締結することになります。

(まとめ表)

示談のメリット

早期釈放される可能性が高まる

不起訴になる可能性が高まる

前科をつかない可能性が高まる

裁判にならない可能性が高まる

執行猶予になる可能性が高まる

被害者と円満に解決できる

示談と被害届

示談をすれば被害届を取り下げてくれる

示談金の相場

30万円前後(慰謝料も同様)。但し、事案により高額になることもあるので注意。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよくわからない部分を無料で版越しに相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件LINE弁護団のご案内

アトムの「刑事事件LINE弁護団」を友だち登録するメリットをご案内します。面倒な会員登録なし、いつも使っているLINEで友だち登録するだけで、刑事専門弁護士に無料相談できる点が特長です。

刑事事件LINE弁護団のご案内 刑事事件LINE弁護団のご案内
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

電話で弁護士に相談する 0120-631-276 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談